ざわめきが遠い
人影は、ゆらめいては消えゆく

いつからだったか、
遥か以前から此処にいる

揺らぐことなく
臆することなく
青い母胎は私を迎え、
形無きいのちとなった

織り流れる時の狭間で
永遠で満たされた瞳を閉じては
瞬間の世界を懐かしむ

私はざわめきを聞きたく
人影を望む
光差す波間にゆられ、
私はいつもより深い眠りに落ちた

からだの奥で
いつしか置き忘れてきた幼い熱が
呼吸を始めている



BACK

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー