アプラクサス

高層ビルの屋上に あの子はいた。

優しさを象った横顔。
淋しげな瞳は潤み。

生命が透き通る程白く細い手を
水でもすくうかのように 宙に差し出した。

その手をゆっくりと広げる。

純白のスカートは風にはためき
空高く堕ち崩れてゆく白いからだは
夜のネオンに溶け込んだ。

まるで 元から存在しなかったような子なのに
大人になった今でも
私の脳裏で彼女は成長を続ける。

今年であの子は
私と同じ二十歳を迎えた。



BACK

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー